猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を ぜんこうてい した!

交渉する土俵に立ってないのに、与える必要はない。

 

そういえば、

恋愛のお勉強をしているとき、

「交渉する土俵に立ってないのに

あげすぎてる!」

ってのがあったなぁ。

 

まさに、、それ。

あげすぎてたわw

 

ほんとね、女性って、

その人の姿勢をよーーーく見てるんですよ。

実は。

でもその結果をなし崩しにしちゃったり、

見ないふりしたりしちゃうから

おかしなことになるんですね、

わたしみたいにw

 

ほんとはみんな、

その相手との恋愛の行く末を

実は知っている...

けど見ないふりも錯覚も得意。

 

とくに身体許して、

案外良かったりしたら、

行く末の予感を

なかったことにしたいし、

違和感も勘違いにしたいし、

少し感じてた「あれ?」も、

見なかったことにしたいし、

これはステキな恋愛に変えるの!

と本能的に思ってしまうの。

 

良くなかったら、

さっさと忘れるんだけどね。笑

女性ってあとから修正、

忘却の女王だわね。

 

でもね、あなたが薄ら感じた、

行く末の予感、

違和感、「あれ?」は、

かなりの的中率で、ただしい。

 

その相手の行為は、

価値ある女性に

ふさわしくないのはわかっているの。

 

だからこそ、

その都度その場で

違和感やあれ?を明示して、

リアルに修正する方がよいし、

時間かけて相手の本気度を見極めて、

土俵にも上がってない人に

ご褒美をあげないことが大事。

 

たくさん失敗してきて、

この簡単なことを

すんごく疎かにしてきたんだと、

愕然としました。

 

違和感やあれ?を飲み込み、

相手に合わせ、

(自分では自己主張が激しいと思い込んでる)

相手が土俵にも上がってないうちに、

見極めもせずにご褒美をあげて

甘やかす....

 

バカかお前はw

 

でも頭でわかってても、

心のくせはなかなか変えられなかった。

 

頭では敬意がない態度は

失礼だと思ってるのに、

それすら自信がなくて。

相手にも事情がとか

すごい汲んであげちゃって、

失礼だという主張すらできなかった。

 

そんなとんでもない下僕から、

ここまで当たり前になれたのは、

前の彼でことごとく痛感することが

できたから。

だから彼には感謝です。

無礼な人でよかったわwww

 

わたしはことごとく、

土俵にも上がってこない失礼な人に、

ご褒美と慈悲を与えていたんですねぇ...

 

そりゃー消耗するわw

さっさと逃げて!!!笑

 

だからきちんと土俵に上がってる人が、

ぜんぜん見えてなくて。

むしろわたしの土俵に

上がってくる人なんていない前提で、

自ら土俵から降りてました。

 

留守w

 

きちんとした正装で、土俵から降りて、

お相手してたんですわw

 

自分のアホー!笑

 

大切な契約や面接のときって、

きちんと身だしなみを整えて、

失礼のないように、

好印象を与えられるように、

誠意をきちんと見せますよね、

みなさま。

 

恋愛にも、そのくらいの敬意や誠意が必要で、

女性はそういうところを

きちんと見ているのです。

でも恋愛という気持ちが、

その感覚を麻痺させてしまうから

厄介なんですけど、

逆にいったら、そこさえ見誤らなければ、

相思相愛のステキな恋愛が

できるわけなのです。

 

男性ってみんな性的衝動でうごくから、

気持ちは後らしいですからね。

お相手の気持ちがきちんと入って、

敬意や誠意が本質的に揃ってから

お付き合いしても遅くはないのですよね。

 

はじめはみんなうわべの敬意や誠意なの。

そんなのはできて当たり前。

これすらできない人もいるけどね。笑

 

本質的な敬意や誠意になるには、時間が必要。

これがきちんとできる人が、

あなたの相手するべきお相手なのです。

 

ほんと今回その大切さに気がつきました。

バカだったなぁ、わたし。

 

恋愛だけでなく、いろんなところで、

土俵に上がってない人をお相手してました。

でも、これからのわたしは、

敬意や誠意をきちんと払っているかを

良く見ます。

自分も気をつけます。

 

ここはジャッジは厳しめで行くつもりです。

わたしにとって外せないところだから。

ただなんとなく生きるより、

こだわって生きたいからね!