猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を ぜんこうてい した!

わたしとわたしちゃんの関係は、まんまよくある親子関係にあてはまった。笑

 

むむ。

昨日たくさんブログ更新したけど。

 

新しい思考パターンとの揺らぎもあり、

なんだか思考優位になってたかも。

わたしの中であっちこっち大論争。

 

でもなーんか出したいけど出てこない

想いがある気がして、

でも相変わらず

他人の情報を入れすぎてたら、

とあるワードに反応して、

尊敬とか敬意を払わなきゃいけないの?

と反抗する気持ちが出て来て。

 

なんか蓋してる想いがあるなーと思いつつ、

昨日の夜は疲れた!ってバタンキュー!

とにかく頭を使いすぎたみたく、

早く寝たから、こんな時間に起きたw

 

そしてわかった。

思考優位で、

わたしちゃんのこと、

置いてけぼりにしてた!

 

わたしちゃんは疲れてて、

大論争の行方なんてどうでもよくて。笑

寝たかったんだね。笑

 

なのに、

「相手に敬意とか尊敬を!

わたしに欠落してるもの

かもしれないから、

きちんと心得なさい!」

と、わたしがわたしちゃんのことを

欠落人間前提で接しており、

しかも人の書いてることを正しいこととして、

優等生を求めるもんだから、

わたしちゃんが反抗期になっちゃった。

 

思考優位で、わたしの考えを優先してたから、

わたしちゃんを尊重してよ!

わたしの方がわたしちゃんに

尊敬や敬意が払えてないじゃん!

というわたしちゃんの声でした。

 

まだまだわたしちゃんの声を

聞くのが未熟です( ˘•ω•˘ ).。oஇ

 

なんかもー、これって、

思春期の親子やなーと思った。笑

反抗期の親子ゲンカ。笑

親子が同時に存在してる。

 

「子どもの問題は関係なくて、

問題に見えてるものは、

実はお母さんの問題。

解決策はお母さんが我慢をやめ、

自分を楽しむこと。」

親子関係の相談回答が、

わたしの中の関係にも当てはまりそう。

 

正しさや理想を子に求める親

そのままの自分を尊重してもらいたい子

 

子どもであるわたしちゃんに

問題があると思えても、

それはお母さん(わたし)の問題。

 

お母さん(わたし)は自分がダメ親と

思われたくないから、

理想を子(わたしちゃん)に求める。

 

けど、ダメ親でいいんだ。

お母さん(わたし)が自分を楽しんで

笑っていれば、

子ども(わたしちゃん)は

それだけで満足なんだ。

 

ってことは、お母さん(わたし)が、

自分を楽しめてないってことなんだよね。

 

たしかに!笑

 

わたしちゃん(子)が笑顔であるようにと、

わたし(母)がわたしちゃん(子)の声を

聞くのもよいのだけど、

ずっとぴったり一緒にいる必要もないんだ。

 

わたしちゃん(子)の笑顔を祈る

わたし(母)のように、

わたしちゃん(子)もわたし(母)の

笑顔を祈ってる。

 

わたしちゃん(子)が笑顔でいればいい

って思ってたけど、

わたし(母)が笑顔でいることを忘れてた!

わたし(母)が笑ってればよいのだ。

 

わたし(母)が

思考優位で眉間にシワを寄せたたら、

わたしちゃん(子)は嬉しくないよね。笑

 

あー、わたしちゃん(子)の意思を

置き去りにしてたけど、

わたしちゃん(子)を心配しすぎて、

わたし(母)が楽しむことも

置き去りにしてた!

 

これよく他人にもする!笑

 

相手の意思を置き去りにして、

相手のことを心配しすぎて、

自分が楽しむことを置き去りにする。

 

相手が笑顔ならよくって、

自分が笑顔になるのを忘れる。

 

やってる!!笑

 

自分に対してやってることと、

他人に対してやってることが同じだね。

 

相手をそのまま尊重して、

自分を楽しむこと。

 

わたしちゃん(子)を

そのまま尊重して、

わたし(母)が楽しむこと。

 

わたしがすることは、

ただこれだけなんかもね。笑