猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を ぜんこうてい した!

相手を責めて怒っていい♫

 

前回、ほんとに自分を大切にするのが、

なかなかできなかったワケを書きました。

 

▼コレ。

suzunya.hateblo.jp

 

考えるのをやめる。

自分を責めるのをやめる。

変化しようとするのをやめる。

自分の意思を採用し、信じる。

わたしがわたしの一番の味方になる。

 

そう決めて、実践しているところです。

 

 

で、ですね。

ちっこい話なんですが。

 

今日、会社のトイレで、

音姫流して個室に入ってたんですケド。

トイレは2つあって、居るのはわたし一人で。

 

いきなり電気消されたんですよ!!!!
真っ暗!!!!wwwww

コラーーーーーーッ!!!!ヽ(`Д´)ノプンプン

 

いつもでしたら、

「大切にされない自分」

「存在を認識されてない自分」

「邪険にされた自分」

を感じて怒りを感じます。

 

でも、

「こんなことで怒ってはいけない」

「相手に悪気がないだろうし」

「短気で嫌な人になってしまう」

と飲み込み、

自分をなだめるところです。

 

そしてこんなことで反応してしまう自分に

なんの思い込みがあるのだろうか...

って無駄掘りしたりしてましたねw

 

けど、湧き出た感情をそのまま感じ、

あえて表現しました。

消した人はすぐにいなくなったので、

「ちょっと!人がいるのに消さないでください!」

と、直接は言えませんでしたけど、

声に出して、

ボロクソ文句言いましたww

 

エアー激怒w

 

ちゃんと責めるべきことは相手を責め、

ちゃんと怒りを表現すること。

直接相手に伝えなくとも、

自分で自分の感情を認めて表現してあげる。

それだけでなんだかホッとして、

怒りが笑いに変わりました。

 

これもわたしの1番の味方になる、

ってことなのだと思います。

 

ほら、落ち込んでる親友を励ますために、

○○のバカやろーって叫んであげて、

一緒に気がすむまで叫んで、

あースッキリ!っていうドラマにありそうなやつ。

それを自分にしてあげました。笑

 

こんなことは、

ほとんどの人は当たり前のこと

なのかもしれないけど、

わたしは自分が間違っていることが前提で、

長らく自分を責め続けて

心のリストカットだったり、

自分内暴力をしてきたわたしの中では、

ほんと画期的です♡

 

たぶんわたしの前に入ってた人が、

電気消し忘れたのを思い出して引き返し、

中を確認せずに消したのだと思います。

音姫ガンガンなってたけどな!)

入ったとき電気点いてましたから。

 

まぁ、その人は

うっかりさんなんでしょうww

てか、わたしがそういう細かい配慮が

天才的にできる人でしたwww

 

え?嫌味?笑

 

で、暗闇の中、即座に

スマホの灯りでしのぎましたわ⁽⁽ ◟(∗ ˊદ` ∗)◞ ⁾⁾

そーゆー機転も利くんだよね。笑

 

わたしのこの適応力と察する能力!

ビバ!才能だわ!✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

 

f:id:nyangle:20161113220514j:plain

てへぺろ

 

あ、あとちょっとした変化♡

 

公式のルールのうちグレーゾーンの捉え方で、

相手のルールとわたしのルールが違ったとき、

相手がこうじゃないの?

と言ってきても、

「へーそーなんだー、わたしはこう思ったからー」

と言って

相手のルールに合わせなかったの。

 

正直どっちでもよかったし、

そうしたいならどうぞ〜って感じだし、

結局相手は誰かに何かを言われたり、

怒られたり、嫌われたりするのを避けたいから

それをしてるんだろうなって感じたから。

 

したら、聞いてもないのに、

自分の正しさを主張しだして、

他の人も自分の味方につけようと

呼び出して来た。笑

 

あ、感情的なやつではないけど、

よく女性にありがちなやつね。

 

でも、

まったく動じなかった自分にびっくり。笑

「知らんがなwグレーゾーンだし、

正解ないし、言われたら直せばいいし」

と思いつつ、自分の正しさを

証明しようとしてる相手を眺めてました。

 

それを見て単純に、

わたし怒られたくないし不安だから、

あなたにもそうしてほしいのって、

わたしを責めて

わたしに怒ってガンガン求めずに、

外堀から埋めようとするのだなー

と観察していました。笑

 

わたしも、やってるときある。笑

自分間違っている前提だけど、

間違って怒られたり否定されるのが怖くて、

正しいんだ!ということにしたいときとか。笑

 

と、同時に、

わたしは「あなたが正しいよね!

わたし間違ってた!ごめん!直すね!」

って自分の考えを

いっつもひん曲げてたんだなーとも思いました。

 

本当はどっちでもいいし、

最悪グレーゾーンの対象になる人に、

要望を聞けばいいじゃん、と思ったのでした。

 

それができなくて、

怖くて不安なのだなーと、

しげしげと思ったのでありました。笑

 

今度グレーゾーンの対象になる人に

聞いておこーっと♡