読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

恋愛パターンがやっと腑に落ちた。

 

わたしを一番に愛さないひと

わたしを愛そうとしないひと

わたしを好きにならないひと

わたしを大切にしないひと

 

そのひとたちを振り向かせ、

わたしを愛してもらうことで

彼らを助けることで

わたしを認めてもらおうと

復讐やリベンジをしてきたのだな。

 

古くはお父さんお母さん
父:無関心母:悲劇のヒロイン、わたしは父への不満の鬱憤の受け手
元旦那さん。
←愛されるを体験したあとの、愛されてない体験。
音信不通の元カレ。
←リベンジした!と思ったら愛されてなかった体験。
←どこか世間に背を向けていて助けたかった。
すぐ別れた元カレ。
←愛されてないの明確。
←すぐ鬱になったので助けたかった。
介入してくるのに少しも振り向かなかったひとたち数多。
←もはや興味すら持たれてない。そして他にパートナーいる。
←傷があって、助けたかった。
好きなひとできて他に行っちゃうかもよ〜発言の彼。
←興味は持たれたけど、愛されてない。
←癖と傷があって、助けたかった。
今回の彼女持ちの彼。
←興味を持たれて好かれたけど、本当の意味では愛されてない。
←傷があって、助けたかった。

 

うすらわかっていたのだけど、

わかったー!だけで、

その先の行動が伴っていなかった。

けど、あー、ほんとにほんとに。

骨の髄までわかったよ。

今回あえて渦中に飛び込み、

相手の傷の真ん中えぐって、

おそるおそる愛さないなら拒否!の行動をしたからさ。

やっとわかった。

 

いままでのわたしの恋愛は、

ただの復讐、リベンジだ。

好きになってもらったら困るんだ。

好きになってもらってない状態、

もしくはわたしが一番でない状態から、

こちらを向いてもらわないといけないんだ。

そして助けてあげないといけないんだ。

傷にふれないように、そぉっと。

結局、そんな理由だから、

いくらもがこうと、振り向いてもらえないわけだ。

傷に触れないよう気を使ってるから、

そのうち地雷も踏むわ!笑

 

こんなこと何年続けてるんだろ。笑

 

けどそのおかげでたくさんの知恵をつけ、

たくさんの心理的分析はできるようになったけど。

なかなか自分のはわからないものだ。笑

 

でもここまでわかったので、

やることはひとつ。

 

こないだの彼に取った行動をこれからもしていけばいいよ。

 

わたしを一番に愛さないひと

わたしを愛そうとしないひと

わたしを好きにならないひと

わたしを大切にしないひと

 

そういうひとを見極めて、候補から外す。

そういうひとから離れること。

そういうひとにこだわらないこと。

そういうひとにちゃんと抗議すること。

そういうひとにきっぱり断ること。

 

相手に見える傷は、

わたしには関係ないし、

放置できるならして、

気になるならガッツリえぐってあげること。

だって見えちゃうんだし。

嫌われていーんだよ。

 

もうこれからは、

わたしを一番に愛しているひとと、

向き合いたいもんね。

 

振り向かない背中は追わないよ。

 

まだまだ未熟だけど、

できるかわかんないけど、

確実にわたしの向かう方向性は決まった☆