読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

ちゃんとキレることの大事さ。

 

余計なお世話かもしれないけど、

ずっと気になってたので、

浮気の彼に、

彼女と向き合ったほうがいいよって

伝えたのですが、

返ってきた言葉が、

どうにかしなきゃいけないのは

わかってるけど、

ぼくはいろいろあったからこうなんだ!

変えられないんだ...

と拗ねまくってて、

逆に彼女のこと好きなのが溢れてた。

 

許したいのに許せない。

素直になりたいのに素直になれない。

 

それだけな気がする。

 

元浮気相手としては、

あれだけわたしのこと好きだよとか

言ってたのが茶番だなと思ったので、

ふっざけんな!

とキレておきました。

 

また、これからも同じようなことを

してゆくそうなので、

またこうして女の子を泣かせるんだろうね。

わたしも泣いたからね!ばーか!

とネチネチ言っときました。笑

 

以前なら、自分のことをバカにされても

わたしに魅力がないからだとか、

やっぱりわたしは愛されない...と落ち込み、

自分のせいにして、嘆き悲しんでました。

怒るとかキレるとかできなかったし、

慣れてなかったし、

そもそも沸点がありませんでした。

 

以前の恋愛なら、

悲しみで処理して数年後にネックになって、

わたしあの時怒ってたんだ...とか、

最近でも半年後に怒りが湧くという遅さ...笑

(だから寝かした分、めっちゃメラメラした怒りw)

 

そんなわたしが、

バカにされてたことがわかってすぐに

こうしてキレることができるのは、

本当に前進したなと思います。

怒りも寝かせておらず、

フレッシュな分、

どこかサラッとしてる。

そしてわたしの気持ちも心地よい。

 

その都度しっかりキレておくことの

大事さを痛感しています。

 

あああ、しかし、ほんと、

自分のこと大切にしてなかったんだなー。笑

人のことは大切にするし、

人のことは優先するし、

人の意見や説を採用するし、

でも自分のことや感じたことは後回し。

 

そーゆーところが、

今回現実になったんだと思います。

彼は自分のことしか見てなくて、

わたしのことは見えていない。

彼は彼女が一番で、

わたしのことは二番め。

 

わたしがわたしを優先してないから。

そのままが現れただけでした。

今後気をつけたいです。

 

わたしがわたしを優先させているか?

ちゃんとキレるとこキレてるか?