読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

覚悟を決めたわたしのその後。

 

ご機嫌いかがですか?すずにゃです。

あっとー、

その後いかがお過ごしなのかと言いますと。

 

いま、彼女持ちのひとと

お付き合いしています。

お付き合い?

ってはっきりしたカタチはないけれど、

すごくしあわせです。

 

あれだけブログ何個も書いて、

拒否してたのにね。苦笑

笑っていーよーw

バカにしていーよー♡

あははっ。

 

わたしがいっちばん拒否して、

否定・批判してた、この状態。

2番目、浮気相手、都合のいい女、

どうせ捨てられる、モノのように扱われる、

セ*レ、日陰の幸薄い女。

 

相手といるとき

すごく心地いいと思ってたのに、

いざ自分の気持ちに気付いたら

この拒絶反応だからこそ、

あえてなってみました。

あえて。

 

バンジーどーん。

痰壷ぐびーっ。

熱湯風呂サバーン。

 

でも大丈夫でした。なにも変わらない。

いやむしろ大切にされていて、

愛されている。

そしてなにもかも心地よくて気持ちいい。

 

わたしの中でカタチが決まってないだけで、

むしろカタチがあることで、

それにとらわれてしまうわたしにとって

「気持ちいい」関係性があれば、

それでよいのだ、という発見になりました。

 

わたしが求めているのは、

お互いの「気持ちいい」関係性。

なんだそれだけなんだ。

 

そうしたらなにもかも

心地よくて、気持ちよくて。

自分の中で何かが生まれて、

それで生きてこうと肚でわかりました。

たまに頭は不安になったり、

怖かったりもするけども、

肚では大丈夫!と言っています。

 

巷のメソッドや理論や男性心理とかも

勉強して来たのに、手放しちゃって。

答えはただただわたしの中にあります。

 

あえて飛び込まなかったら、

現状維持だったろうし、

こんな世界は見られなかっただろうな。

 

愛とか信頼とか

そんな境地、分からなっただろうな。

彼だから飛び込めたのかな。

 

女は女として見ててほしい守ってほしい

男は男として信頼してほしい守らせてほしい

 

その感覚がガツンと理解できた。

 

信頼とは

彼の意見を尊重するのではない

男としての信頼....男の仕事を全うすると、

女のわたしを守ってくれると信じてること。

 

男でいさせてほしい

女でいさせてほしい

 

肉体的にも精神的にもすべてにおいて

あなたの前にいるとき

そういさせてほしい

 

それがふたりでいる理由

 

そういうことなんだな、とわかりました。

 

これは体感がないと、

わからないことだった。

この体感があれば、

この先彼とお別れしても、

すぐ現れるし、なんら迷わないなと思う。

 

わたしは自分から2番目に染まることはせず、

堂々と大切にされてます♡

2番目だからって自分でわきまえて

線引きするってのが謎な行為に思えて来た。

 

わたしはわたしだし。

わたしは大切にされるひと。

特別にされるひとだから。

大切にされないのなら去るし、

その覚悟もあるから。

 

なんかちょっと前では考えられない

自分になっています。

それが嬉しくもあり楽しくもあり。