読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

はじまった恋愛終わりにした。笑【その2】

恋だとか愛だとか的。

 

終わりにしたあと、

来ました来ました。

「これでよかったのか?!」

という揺れ。

 

だってあんなにいいひとだし、

一緒にいて楽しかったし、

あんなに心地よいひといないよ?

それに大切にしてくれるし....

 

わたしも大切に思い始めてたじゃん?

 

決めるの早すぎない?

そのまま愛されていれば、

相手はわたしに夢中になったのに。

夢中になるのわかってたのに。

 

ってね。笑

けど受け入れられなかったの。

ある姿勢が。

彼女持ちでね。

 

常識的にはアカーン!ルール違反!

ってことだけど、

常識だけで判断するわたしでもないので、

まぁあちらからアプローチが来るだけで、

わたしに気持ちがないうちは、

友達だよなーって感覚でいました。

既婚者と彼女持ちは絶対心動かないって、

決めてたんで。

すっごく余裕ぶっこいてました。

 

彼が彼女持ちを

全く感じさせなかったのもあり、

というかほんと友達感覚だったので、

興味なかったし、見てなかっただけですが、

まさかわたしに気持ちが生まれるとは

思ってなくて。

 

気持ちが生まれてしまったあとは、

なんも考えず、幸せだなーと感じてました。

 

が。

落ち着いて来たら、

やっぱり所詮浮気相手だよね、わたし?

って見えて来まして。

 

浮気相手でいること=本命より下

とは思わないんですが、

そこにいるにはかなりの余裕と精神力がないと

やってけないのは知ってます。

 

なのてその位置に安住できるほど

わたしは強くないし、

投資を積み重ねて夢中にさせれば、

相手が勝手に精算してくるという

ロジックを知っていても、

こちらに来てほしいという邪念は残るし、

ぜっーたい揺れる。

 

しかも彼女さんの他にもいそうな気配。

 

えー

それって本当の意味で大切にされてるとは

言えないよねぇ?

というか、彼女さんすら大切にできてない。

 

彼女さんに夢中になってないから

浮気するのもわかるし、

それは彼女さんの甘さでもあるけども。

彼の甘さでもあるわけで。

 

しっかり向き合えよ、てめーらwww

(わたしの中のヤンキーがww)

 

かと言って、

わたしそこにつけ込んだりするのも

シュミじゃない。

すきだったけどね。

 

わたしが求めてるのは

毛布に包まる心地よさだし、

彼と一緒にいるときは心地よかったけども、

彼の背景にある、

彼女持ちとか他の女とか、

毛布の中に散らばる異物でしかない。

彼は心地よかったけども、

彼の背景は心地よくない!

 

美味しい餃子は好きだけど、

汚いお店だったら入りたくない!笑

それと同じで。

 

だから彼女持ちは嫌!

といまさらなことを主張して

さよならしました。

 

なんもしてなくてよかった♡

 

わたしはわたしだけを見るひとがいいし、

そういう人と未来を紡いで行きたい。

その想いに叶ってるか考えたら、

この選択でよかった気がします。

 

いろんな見方を見ると、

混乱しちゃうけど、

心地よい毛布の中には、

ほかの女付きはいれたくないのです。

 

これが率直な気持ち。

わたしはわたしを大切にしました。

ごめんね♡