読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

強がるひと。

心の仕組み的。

 

きっとこの人、

ダメな自分見たくないんだろうな。

とあるひとに思った。

いつでも自分が正しくて、

正しくあることに必死。

 

強がりだなぁ...なんて思いつつ。

 

へぇ〜〜そーなんだぁ〜〜

りょうかーい!

 

終了スルー。

りょうかーい!

と、感情が生まれてないのに驚いた。笑

 

そんな相手への印象は、

わたしの中にもあって。

あーあったね、そんな自分。

 

たまに発動しようとするけど、

最近はあーでたーと思ったら、

ふぁっといなくなる。笑

 

それと同じように、

正しくあろう人が強がっても、

あーそぉーなのねぇーっていうだけ。笑

で、手を引っ込めるね。笑

 

ちょっとドライな人になるの。

 

強がる人をどーこーできないし、

手は差し伸べるけど、

いらないって言われたら、

あーそうなんねーじゃっ、

って引っ込める。笑

 

だって本人いらないって

言ってるんだもんね。

 

自分に対しても同じ。

強がる自分に対して、

自分があーそーって手を引っ込める。

強がる自分は、

あわわwwやっぱおぬがいします!!!

と手を結ぶようになった。笑

 

それは自分に正直になった、

ということでもあり。笑

 

相手に思うことは、

自分にもあるんだよねー。

それを自分にはあるはずがない!

と嫌うから感情が生まれて、

強がったり、怒ったり、批判したり、

自分にはなかったことにする。笑

 

でも、それ自分にもあると認めてしまえば、

感情が生まれないので、

めっちゃ寛大になるし、

でた〜これあるある〜わはは〜!

おなじみさーん!

とウェルカムできるのであーる。

 

で、だいたいウェルカムしても、

それの本来の目的が達成されず、

逆の結果になったりする。笑

 

つーことは、

わたしは、

正しくない自分を見ることが嫌で、

常に正しくあろうとしてきた。

自分が正しくないかもしれないときに、

いろいろと隠したりするわけで。

もちろん相手の正しくないものや、

隠蔽が漏れるのも許せん訳で!

 

でもそういう隠蔽とかしちゃうような、

正しくあろうとする自分を

認めてOKしてるので、

正しくあろうとする自分にはなれず、

正しくない自分でもいっか!

隠蔽いらーん!と

思えるようになったとゆーことか。笑

 

おもろい。

まぁ、その人がどういう人生歩もうと、

わたしには関係ないからね。笑

その人がその人の人生を歩んでいるのだから、

そのままでOKなのだ。

そのままあってよし。

 

どうにかしようとすることは

エゴでしかないのだ。

 

とゆーことで、

わたしはわたしの人生を歩んでいくのだ。

そーゆーのはドライすぎていけないことだと

思ってたけど、

手を差し伸べるべき!と

正しくあろうとする自分が言ってたけど、

ドライでよいのです。まぢで。

その方が本質なんだよなー。笑