読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」Amazonレビューに物申す。笑

この本。

ナリくんがブログで紹介していたので、

わたしもピンと来て、

とりあえずAmazonのレビューを見てみたら、

批判も多くてびっくりしました。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

それだけ人の心の奥底のものを

えぐるものなんだろうな。

 

甘えてる、客観視できないなどなど。

ある見地ではそう見えるでしょう。

とくに努力して頑張って来た人や、

もともとしっかりデキる人などは。

「それは甘えだ」と、言うだけはとっても簡単です。笑

(個人的価値観入ってますがw)

 

わたしも大昔は甘えだと思っていました。

人に甘えないで生きて行けたら一人前、って思っていました。

でも、それができなくて、人に甘えてばかり。

なぜできないのか、

なぜ結果甘えたカタチになってしまうのか、

わからなくて苦しくなりました。

 

鬱になったり凹みがちな人は、

人一倍甘えてはいけないって思ってるんですよね。

けど自分ひとりではできなくて、

頑張ろうとすればするほどできなくて、

結局他人にすがるしかなくて、

自分がいちばん嫌っている、甘えてる状態になってしまう。

相手にも迷惑かけてるのもわかってるから、

甘えてる状態ではいけないと思い、

死んだほうがいいんじゃないかって思う。

 

甘えてるんじゃなくて、
過剰な強がりなんですよね。

 

「甘え」ってポジティブに取ると、

本来「信頼」のことを指すはずなのだけど、

この人達の「甘え」って、信頼じゃないの。

うまいこと言えないんだけど、

「無価値」「ダメな人間の烙印」「弱い」「未熟」

みたいなイメージなの。

 

みんな一人では生きていけないし、

他者に甘えつつ(信頼)生きているのに、

「甘え」は「ダメな人間の烙印」と認識するから、

ほんとは相手を「信頼」したいのに、

思い切り「甘えてはいけない」と強がるの。

 

そうやって心の中でどんどん他者を切り取るから、

自分の中に一人しかいなくなって、

とてつもなく孤独になる。

愛を渇望してるのに、

手に入らないものとしてしまう。

悪循環。あー悪循環。

 

そもそも、人に甘えないで生きていく、

という観念こそがおごりなんだ。

わたしはそこに気付いてからは、

甘えても甘えなくてもいい、となれました。

 

完璧じゃないけどね。笑

やっぱ慣れた思考回路なんで、

甘えるのが下手です。笑

というか、「甘え」の使い方が下手、だな。

「信頼」も「無価値」「ダメな人間の烙印」も。

たまにごっちゃになっちゃう。笑

 

でね、そうやってどっちにもなるから、

このレビューに

違和感を感じ得ずにはいられなかったのです。

www.amazon.co.jp

この人自分しか見えてないな〜 周りの人は振り回されて疲れるだろうな〜って想像がつきます。

自己愛と自己顕示欲が肥大し過ぎて重症の「かまってちゃん」に育ってしまったように感じるので
自分に都合のいい情報だけを鵜呑みにするのやめて 年齢相応の客観視できる大人にならないと 同じこと繰り返すと思います。 

 

なぜって、この方、客観視できなきゃ!と言いつつ、

すずにゃ的には、ちっとも客観視してないから。笑

というか、カビさんの中で起こっていることに対して、

自分の価値観をくっつけて考えてる。

それって客観視じゃないんだよね。

 

客観視って、その事柄をものすごく公平に見るってこと。

私感が入らないもの。あるがまま。

客観視  物事を自分の利害や感情などを除いた観点で考える、客観的に考える、などの意味の表現。

そこになんらかの評価が付くのは

その人の個人的価値観から観た見地。

・自分しか見ていないのはいけないこと

・周りの人を振り回すのはいけないこと

・年齢相応の客観視ができなきゃいけないこと

という、個人的価値観で見ているだけなのね。

カビさんを外から見てるから客観視、じゃないんだよね。

それは他者目線

 

もっと突っ込んで言うと、

しかも世の中のこうあるべきという価値観に、

照らし合わせるのが客観視として使われることが多いけど、

一般常識的なものって、多数決みたいなやつだし、

真理じゃないことも多いし、

時代によって変化したりする。

 

だから全員一致の絶対的な拠り所にしてしまうと、

結局誰かは外れることになり、実はすごく排他的。

わたしは「年齢相応の客観視」って

なんじゃそりゃ?と思いました。笑

40歳になったらどんな価値観を持たなきゃいけないの?

50歳になったらどんな価値観を持たなきゃいけないの?

60歳になったらどんな価値観を持たなきゃいけないの?

教えてケロ!

 

年齢に応じてそういう大人にならなくてはいけない、

という一般常識的なやつなんだろうけど、

人それぞれじゃない?と思うのです。

はい、これも個人的価値観から見てますがw

 

本来の客観視をするならば、

・カビさんの中で起こったこと→「そうなのね。」

・レビュアーさんは甘えだと思っていること→「そうなのね。」

「お互い交わらないね◎で、どうしたいの?」

 

以上。的なw

 

客観視ってインタビュアーなイメージかな。

(これも個人的価値観か?w)

 

結局だねぇ、答えは自分の中にしかないからさ、

個人的価値観を「さも」真理のように言ってるのが、

価値観の押しつけに思っちゃったのよねぇ。

てへ♡超個人的ww

 

なので、わたしの中でも、

「常識にとらわれてるひとはダメ」

「真理じゃないことをさも真理っぽく言うのはダメ」

「価値観の押しつけはダメ」

っていう価値観があるので、

この記事全体が客観視ではなく。

真理でもなく。

ちょー個人的価値観から
他者目線でホザイています!爆

 

「自分に都合のいい情報だけを鵜呑み」にしてるのは、あなーたー

「自分に都合のいい情報だけを鵜呑み」にしてるのは、わたーしー

「自分に都合のいい情報だけを鵜呑み」にしてるのは、みんーなー

 

あはっ♡