読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

今まで守ってきたルールを破ることは、勇気いるよね。でもその先に行くと心地いいよ。

猫みたいにじぶんを生きる的。 自分軸アップデート的。

 

インプット時期なんだけど、

1個だけ書きたくなったので、書くね〜☆

 

気がついたら、今までしたことないことやってたの。

これがわたしの本音だったようで、

最初はザワザワしたけれど、

自分に嘘ついてないから、あとに残さないし、

気持ちよかった。笑

 

 

 

★◯◯を失って、存在を消したいと自分を責めている人に、

「ばかやろう!
たかが一人や二人の◯◯を失っただけじゃねーか。」
と切りつける。

 

今までならば、同調してあげてた。笑

そして、相手の問題に介入せざるを得なくなり、

エンドレス依存関係に突入してたw

わたしに同調してほしかったのはわたし自身だ。

わたしの中に生まれた相手の意思への否定を

そのまま切りつけたことにより、相手が覚醒。笑

わたしも言いたいこと言って、スッキリ。

 

 

 

★ケンカ別れしちゃった人に、

「わたしから歩み寄るのやーめたw」
と一切自分から動くのをやめた。

 

今までならば、わたしから歩み寄っていた。笑

相手は何一つ悪いと思ってないし反省もしないし謝罪もしない、

わたしの言い分を聞こうともしない。

と決めつけ、わたしが遜らないと再構築できないという前提だったw

…反省も謝罪もわたしの気持ちも聞こうとしない人と、

その後も関係続けてどーすんのw

わたしに歩み寄って欲しかったのはわたし自身だ。

わたしは十二分に反省して、相手のことも十二分に考えた。

でも連絡手段は断たれている。

わたしの前提も相手のこと疑ってるし、

あーじゃあ、あとは相手しだいじゃん、

そこはどうしようと相手の自由じゃんと思って、

相手の選択を信頼して、

何もしないに舵を切ったら、問題が消え、忘却の彼方w

 

 

 

★いくら手を差し伸べても手を握ってこない人に

「わたしから仲良くしようとするのやーめたw」
一切自分から動くのをやめた。

 

今までならば、手を差し伸べることを諦めなかった。笑

相手は仲良くなりたいとは思っていないかもなのに。笑

いつか握れるように、わたしはいつでもウェルカムでいよう、

そんな風に思っていたけど、手を差し伸べ続けるのも結構疲れる。

わたしに手を差し伸べてもらいたかったのはわたしだし、

わたしの手を握らなかったのはわたしだ。

なので相手に差し伸べるの辞めて、自分に差し伸べたら、

他の人と仲良くなれることが増えた!

相手のいまの選択を受け入れられるし。

ちょーぜつ楽。楽しいことが増えたし、

問題が消え、忘却の彼方w

 

 

 

結局は、相手を否定してしまうことで、

ひどい人だと後ろ指を指され、

人に嫌われるのが怖かっただけ。

ひとりぼっちになるのが怖かっただけ。

どれも保身だったなーってことで。

 

それらを手放せなかったから、

相手にナイフを突き刺すような言葉は言えなかったし、

相手にもわたしの気持ちも考えて欲しい、

相手にも反省してほしいって求められなかったし、

相手を放置することもできなかった。

 

自分の気持ちは否定しまくりで、
置いてけぼりなのに。

 

わたしにナイフを突き刺すような言葉を言い、

わたしにわたしの気持ちを考えてもらえず、

わたしに反省してほしいって求めて、

わたしを放置していた。

 

全責任背負ってどーするんよw
って話で。

 

だからぜーんぶやめてみた。

 

相手にナイフを突き刺すような言葉を言い、

相手にわたしの気持ちを考えてと求め、反省を求め、

わたしはわたしの気持ちを考えて、必要以上反省せず、

わたしを最優先する。

 

めっちゃ楽です。

 

突き刺すような言葉を言えるのは、

相手には這い上がってくる力があると信じているから。

求めることができるのは、

相手にはそれができる人だと信じているから。

わたしを最優先するのは、

わたしにとっていちばん大切な人だから。

 

基本、信じてるんです。

ずーっとずーっと、信じたかったんです。

自分も相手も。

 

相手を否定したくないって思ってたときは、

自分の中に疑いがありました。

否定したくないってことは、

すでに1回、心のなかでは、

相手を否定したってことです。

 

ナイフを突き刺すような言葉が生まれたし、

相手にもわたしの気持ちも考えて欲しいと思ったし、

相手にも反省してほしいって思ったし、

相手から離れたいと思った。

 

けど言わなかった、離れなかった。

相手を疑ったまま、

そのかわり自分に嘘ついて、

自分を傷つけて。

 

自分の中に生まれた思いと、

行動が一致するとスッキリして気持ちいいです。

わたしは、そもそも、

相手を信じたかったのだから。

そしていま、その目的は果たされ、

相手の選択を信頼しているのです。

たとえ、わたしがこうだったらいいなと思う方向でなくても◎

 

相手を信頼してるのだから、目的達成♡

すごく楽だし、心地いいです。

 

ではでは、みなさん。

良いお年を♡