読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

自己信頼ってね、まったく揺れないってことじゃないんだ。

人間って一元的なものではない、
とっても多面的で、流動的。

 

とわたしは思っていて。

 

「自己信頼ができた」とある人に言ったことで、

 

わたしは何を言っても揺れない、

 

と捉えられてしまった一件があった。

 

いやいやいや、そりゃー揺れるよ。

 

人間ってペッタリベタ塗りな平面的なもの? 

 

そんな鉄壁なのかしら?

 

もっとグラデーションのようなものだし、

 

流動的で多面的なものだと思うんだ。

 

 

 

ただね、揺れても戻ってこれること、

 

そして、自分の感覚を信じることが

 

自己信頼だと思うの。

 

そりゃあ揺れるときもあるし、

 

痛みを感じるときもある。

 

他人はあーだこーだ言えるし、

 

そのひとなりの感覚をわたしに与えようとしてくる。

 

でも、結局決めることができるのは自分。

 

他人の感覚を採用するか、

 

自分の感覚を採用するか、

 

決めるのは自分。

 

わたしは自分が本当に感じること、信じていること、

 

本当に求めることを基準に決めようと思っている。

 

揺れても戻ってこれるのは、

 

ここがあるから。

 

ここを信じているから。

 

それがわたしにとっての自己信頼。