読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

好きな人に好かれないのは、なぜか?

恋だとか愛だとか的。 男性性と女性性のおはなし的。

 

女性であることだけで価値がある

 

ってことが当然のことなのだと腑に落ちて、

 

じぶんを大切にする!という意味と、

 

大切にされるということを

 

リアルな体感で思い出したいま。

 

過去の恋愛を振り返って、

 

失敗の数々を検証してみた。

 

あれこれ心理的なブロックとか、

 

思考回路のクセとかを分析して、

 

あーだこーだしてみたけども、

 

結局のところ、

 

真逆なことしてたからじゃん?

 

という結論に落ち着いた。笑

 

 

 

  1. 女性であるだけで価値がある
    ⇔わたしなんて価値がない(と当たり前に思う)
  2. 自分を大切にする
    ⇔自分を粗末に扱う(自ら率先して)
  3. ひとに大切にされる
    ⇔ひとに粗末に扱われる(ことを許可してる)
  4. 好きな人に好かれる
    ⇔好きな人に好かれない(ように行動する)

 

じゃ、いままでと反対のことをすればいいじゃん、

 

っていうお話なだけでしたw

 

  1. 女性であるだけで価値がある(と当たり前に思う)
  2. 自分を大切にする(自ら率先して)
  3. ひとに大切にされる(粗末に扱うことを拒否する)
  4. 好きな人に好かれる(ように行動する)

 

これでOK〜♪万事解決★なわけで◎

 

▼1〜3まではいままでの気付きから記事に書いたからいいとして。

suzunya.hateblo.jp

 

4の「好きな人に好かれない」を解説しよう◎

 

 

 

好きじゃない人にはできてることが、

 

好きな人にはできないってよくある話。

 

本当は無意識なところでは知ってるんですよね、

 

自分が好かれるようになる行動とか魅力とかを。

 

でも好きな人にはあえて出さない。

 

無意識に自然に出さないようになってる。

 

わたしの場合、好きじゃない人には、

 

堂々と要求してるんですよねw

 

「コレして」「どいて」「それいらない」
「これほしい」「来て」「一緒に行って」

 

しかも好きじゃない人には関係性をどーこーしません。笑

 

ほっておきます。笑

 

で、肝心の好きな人には、
真逆をやってます。(´;ω;`)ブワッ

 

要求しない。合わせようとする。関係性を維持しようとする。

 

女子同士の愛情の表現って、

 

「相手に合わせること」「相手を傷つけないようにすること」

「相手を気遣ってあげること」「相手に優しくすること」

 

だったりするので、

 

相手の男性が欲しいのは女性の自分と同じものだと思って、

 

男性にそれらをしてしまう。

 

だって女性の愛情表現だもの!!!

 

無意識に自然にやっちゃうわよ!!

 

はい、それ逆効果ーww

 

 

 

男性は、それらを求めていません。

 

要求する。合わせない。関係性を維持させようとしない。

 

そっちのほうが愛情を感じます。

 

なぜならばー、男性の愛情表現は、

 

「相手を尊重すること」「相手のことを信じること」

「自分の能力を発揮すること」「相手の要望に答えること」

 

だからです。

 

要求する。
→「自分の能力を発揮できる」
 「相手の要望に答えられる」

男性に合わせない。
→「自分を尊重してくれてる」
 「自分のことを信じてくれている」
 「自分の能力を発揮できる」
 「相手の要望に答えられる」

関係性を維持させようとしない。
→「自分を尊重してくれている」
 「自分を信じてくれている」
 「自分の能力を発揮できる」

 

そう思うのです。

 

要求に答える。女性に合わせる。関係性を維持させようとする。

 

コレは男性のお仕事なのです!!

 

思い切り、
ふんだくってたぁーwww

 

 

 

それとねちなみに。

 

男性側も、相手の女性が欲しいものは、

 

自分と同じだと思ってコレをやっちゃうと、

 

揉めますよw

 

大いに揉めますwww

 

女性は尊重されたり信じて貰ってるのは嬉しいけども、

 

ただ同意されたいだけだったのに...とか、

 

ナデナデして慰めてほしかったのに...とか思ってるときに、

 

個人を尊重されたりすると、

 

突き放された感じがして不機嫌になったりしますw

 

ほしいのは尊重じゃなくて、同調ですw(一般的に)

 

女性も自分と同じだと思って、

 

自分の能力を発揮するのが嬉しいはずだとか、

 

要望に答えるのが嬉しいはずだ、

 

と思って家事などを任せていると、

 

いつしか彼女の不満はたまり、

 

「あたしばっかり!あなたはなーんにもしてくれない!」

 

などと爆発されたりするのです。ちーん。ご愁傷様w

 

ほしいのは能力発揮ではなくて気遣いですw(一般的にw)

 

 

 

こーんなふうに、

 

男女の愛情表現って全然違う。

 

そして自然と組み込まれているから、

 

疑いもしない。

 

これは異性との関わりの中で学んでゆくものなのだろうけど、

 

わたしのように、幼少時に

 

いきなり男の子から襲われてキスされるという

 

異性からの恐怖体験があったり(初告白w)、

 

異性からいじめられてたり、

 

父と関わりが薄かったり、

 

女子校行ってたり、

 

異性との関わりが薄いままだと、

 

そういうことを学ばないまま、

 

恋愛に突入して失敗しまくるわけです。

 

わたしなんて、こんな年齢でやっと気付いたw

 

 

 

でもま、そうであったからこそ、

 

男女の違いや愛について深掘りしたわけで。

 

恋愛大好きなんだろな。笑

 

↑恋愛コンサルにでもなるつもり?w

 

 

 

とゆーことで、

 

片想いだろうがなんだろうが、

 

女性であることの価値を当たり前に持って、

 

自分を大切にして、

 

大切にしないモノゴトをきっぱり拒否して、

 

女性流の愛情表現はせず、

 

慣れないけど、

 

男性流の愛情表現を受け入れたり、

 

見出したりすることをすればいいだけなんだよね。

 

 

 

結局恋愛の揉め事なんて、

 

愛情表現のすれ違いや、

 

習性や個性への理解がないだけで、

 

相手の愛情表現や習性や個性を知ろうとすれば

 

いいだけなのかもしれない。

 

 

 

あのとき、どうしてほしいの?と聞かれたときに、

 

f:id:nyangle:20161113002637g:plain

「会いにきて♡」

 

って堂々と要求してよかったんだなー。

 

散々要求しないでいたから、

 

彼もフラストレーションたまって、

 

いよいよ要求してきたと思ったら、

 

「元カノの話しないでw」

 

という禁止事項。

 

萎えるよね〜
萎える!!!

 

男の人の気持ちになったら、

 

ちょー萎えたww

 

ごめーん!!!!!

 

すっごい文句言ってたわwww

 

 

 

それと同時になーんだ、

 

思ってたこと言えばよかった、

 

と思うのだけど、

 

なにせ女性の愛情表現は自動運転。笑

 

しかも女として価値ないとか、

 

自分粗末にしてる土台もあったから、

 

とてもじゃないけど言えなかったなぁ。

 

いまなら、言えるかもね♡

 

うん、言えるかもーーー♡

(基本わがままなんでw)

 

 

 

次にいーかそ♪

 

さーて逃げ恥楽しみだなー!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ