読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

【男女会話】なぜ恋愛初期、男性はトーンダウンしてしまうのか?

 

【男性性と女性性の会話】

f:id:nyangle:20161113220759j:plain

 

あんみつ姫許嫁の水戸納豆藩の若・龍之介で
 すずにゃの女性性と男性性の会話をお送りしておりますw

はてなProじゃないので、スマホは吹き出しレイアウト崩れます!

 

▼人物紹介

あんみつ姫 あんみつ姫(女性性)
 すずにゃ本体
 (太陽水星金星魚・月乙女 / 水・地のグループ)

水戸納豆藩の若・龍之介 水戸納豆藩の若・龍之介(男性性)
 あんみつ姫の許嫁 / すずにゃのパートナー

 (火星双子・木星牡羊 / 風のグループ)

 

▼前回の会話 

suzunya.hateblo.jp

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
あんみつ姫。復習です。
いままで教えたコトをまとめて答えなさい。

 

あんみつ姫
女性性
きゃ、抜き打ちテスト!!
ええと。

男性からのゲームオーバーはほとんどないに等しい。ゲームオーバーと決めつけているのはいつも女性!

・基本女性からは「なし」と思われてると感じている男性にとって、好意を見せるということは、とってもありがたいこと。だからなんとかつながっていようとする。

・女性には女性であるだけで価値があるし、さらに女性の好きにはめっちゃ価値がある!

・だからこそ、彼の愛に納得してからおつきあいをするべし!

好きと表明することと、好きをあげることは別物!

・真剣な女性をバカにする男性なんていない。いたらそいつはクズだ。

・男性は女性のシビアな評価にさらされているから、失敗が怖い上に、その不安が払拭されて確保できたと思うと、調子に乗る。そのときはニコニコしながらペシーンする。ニコニコしながらが重要。完璧に突き放しているわけでないことを押さえておく。

・男性は追いかけたり、心配したり、女性はどう思ってるのかあれこれ思案するのがお役目。

・一旦男性が男性の本質に目覚めたら、ひとりの女性以外見えなくなる。そのときの男性の愛をなめんな。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
なんかちょっと付け足されてバージョンアップしてるけど、大正解!!!

今回は、もうひとつ。
姫がいつもよく陥ってるアレ。
なぜ恋愛初期で、男性がトーンダウンしちゃっうのかってところを講義しよう。

 

あんみつ姫
女性性
どぅーーーーん!!!(´-﹏-`;)

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
この間、なんでかわかんないって姫は言っていて、ぼくは「元のふわっふわした姫に戻ってほしかったんだよ」って言ったよね。
▼この時の会話だよ。

 

suzunya.hateblo.jp

 

あんみつ姫
女性性
うん、それね、少し自覚があるの。
その前後で自信?というか余裕がまったくなくなっちゃったから。

前は、興味があるならご自由にどうぞーって感じだし、メッセ楽しかったから、待っちゃったりしたけども、基本やることあったし、動きももちろんなかったしね。まぁ、彼のこと知ってくのが楽しかったけど、実は、なるようになるかなーって思ってた。まー様子みてようって思ってたし、わたしからは期待もしてなくて、どうこうしたいとかなかったんだけど。

けど後は、ちょうどやることが終わっちゃって、他にやることもあったんだけど、それから逃げてたのもあって、彼に一直線になっちゃったんだよね。そんなときに、彼からの動きがあって、なるようになるかなーだったのが、動揺し始めた。そして付き合うか否か、のオーディションみたいな状況になっちゃったわけ。

で、「わたしは感じやすいから、元カノの話を聞きたくない。」って言ったら、不快感を露わにされて、それに焦ったわたしがフォロー入れたつもりが、ただわたしの思いをぶつけただけになり、わたしの悪いところを指摘され、もう何がなんだかわからず、混乱したわたしはフリーズ、シャッターガラガラ〜さようなり〜ってなっちゃったの。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
そうだな、「元カノの話を聞きたくない」っていうのが、まだ彼女でもなく、好きだと認識できてない女性に拘束された気がして、鬱陶しくなったんだよwこの件は姫が傷付く必要はなく、ふーん、でよかった。姫は彼の思いを汲んであげる必要なかったんだ。
さらにそのあと姫の思いという不満wをぶつけたから、もっと鬱陶しくなった。しかも姫が彼に言われた言葉に傷付き、もう修復不可能とシャッター閉めて、さよなら〜wときたもんだw
彼は、いまの姫は恋人としては無理だ、と結論付けた。

こうなったら姫がわーわー言っても動かないよ。自分を男性として見てくれているし離したくはないから、友達っていうスタンスでつながっておくけど、能動的には動かない。ただし、静かに姫の状態を観察してる。
だけど!それは姫のことを恋愛対象外判定にしたわけじゃないんだよね。それはわかるよね。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
まだこの段階の男性は、頭では好きって認識ができていないんだ。本能や肉体的欲求で動いてる。だから、時間をかけて追いかけて追いかけて労力をかけて、振り返ったときにやっと好きだと頭で認識することができ、「好きだ」と言える。

男性は体と心が別ってのはこういうことなんだ。時差がある。そして何段階もの好き、があるんだよね。欽ちゃんの仮装大賞みたいなやつ?笑
それは、追いかけて労力をかけることで、点数がどんどんあがっていく。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
そしてそのあとも確保されずに、追いかけさせていくことで、男性は本来の男性の本質に目覚めて、その女性をずっと愛していく。
その愛はものすごい深いものになるんだぞ。仮装大賞の点数振り切っちゃうんだ。笑
そういった面からも、男性は与える愛っていうけど、女性を追いかけて、労力をかけることが役目。ほんとそのものなんだよ。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
どうだい?女性は男性から自由であることが大事ってわかるだろ?
特に恋愛初期では。
だから男性のことはほっておいていいんだよ。
ほっときつつも、ちゃんとあなたに好意があるよってのをいろんな方法で見せてあげる。甘えるのでもいい、ボディタッチでもいい、笑顔でもいい。
女性はほんとうに自由でいていいんだ。なにもしなくていい。来たらにっこり受け取るだけだよ。それこそ愛情表現はボケたおばあちゃん程度でいい。

その自由さを見たら、距離を置いていた男性もホイホイ寄ってきたりするんだよね。そのときには女性はすっかり忘れ、なし判定を受けたりするという悲惨な事件も起こりうるw

 

あんみつ姫
女性性
なるほどー、恋愛初期ほど、ほっておくことをしてなかったわ。ほんとふわっふわでいるのが吉ね。わたしすぐ好きになって、本気になっちゃうし、相手基準になっちゃうし、欲深いから、自分にプレッシャーかけちゃうし、こういう風にパターンを繰り返してたんだなぁ....しみじみ、反省だよ。
ほんと相手のことなんか関係なく、わたしのことに集中すればいいっていうのはこういうことなのね。

 

水戸納豆藩の若・龍之介
男性性
だいじょうぶだよ、姫は最初は出来ていたんだから。
とにかく姫は自分に自信をもって、自分にもっと価値があるって思うこと!
そして男性を知る!勝手な女性目線の男性ジャッジをやめる!
それだけしてふわっふわに生きてればだいじょうぶ!

 

あんみつ姫
女性性
ありがとう!!!わたしは価値があるから自信をもつ♡
男性を女性と同じものとして見てジャッジしない!
男性を知る!!
ふわっふわに生きる!!

頭では習得してきてるわ。あとは心体に染みてくように!
なんだかこの感じでいけば、こんどは落ち着いて恋愛できそう♡