読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

[訂正あり]あなたのことを好きだけど、あなたといるわたしのことは好きじゃない。

 

注)11/11 傷付きたかったのではないことに気付いたので、訂正を入れました。
  訂正線紫色の文字は11/11に記載したものです。

 

わたしいま、じぶんのこと

 

めっちゃ大切にしてるなぁ♡

 

ってしみじみ思っているすずにゃです◎

 

こんばんは✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

 

きのう、思いっきりカッコ悪いことしたんですよ。 

 

恥の上塗り、みたいなやつを堂々と勇気出して。

 

▼これね。堂々とやれた◎恥もこわくない(人´∀`).☆.。.:*・゚

suzunya.hateblo.jp

▼その後、危機子の後追い警告サイレンもくぐり抜けたの。

suzunya.hateblo.jp

 

そしたら、ふとした瞬間に、

 

なんかこころの奥にむん....って感じるものが出てきて。

 

突然、相手の既読スルーが気になり始めて。

 

その原因を追及しだしたの。

 

わたしが考えても、相手に答えて貰わない限り、

 

永久に本当のことはわからないってやつをw

 

めんどくせぇと思われているのか

わたしのためなのか

はたまたじぶんのためなのか

すでにあたしのことなんぞ無関心なのか

恨んでるのか

怒ってるのか

ほかになんかあるのか

 

本当のところはわからないものを考え始めたので、

 

もしや!これはダミーだ!

 

と気づいて、

 

「わたし、なに隠してる?」

 

って問いをかけたんですよ、じぶんに。

 

そうしましたら、

 

「この人と友達として一緒に居ても、
 わたしはしあわせになれない。」

 

と返って来て。

 

号泣!!!

 

結局、じぶんから傷付きに行ってたよね。
▶自分から傷付きに行っていたようなものだった、に訂正!

 

傷付きたいときは彼を思いだす、みたいな。

 

季節の風物詩かっつーw

 

 

 

なんで傷付きにじぶんから行くのかって、

 

しあわせになりそうなとき、

 

しあわせになってはダメだって、

 

無意識にプログラムされているのだと思います◎

▶いいや、わたしにとって譲れないことがあったからでした◎
 ↓ この記事ね!

suzunya.hateblo.jp

 

 

 

 

ここのところのわたし、

 

超しあわせでしたもん。

 

彼のことなんて忘れててw

 

おお、わたしもうあの人のこと好きじゃないな、あはw

 

とまで思っていましたから。

 

それも本当だったし、

 

彼とはいずれ、笑って話せたらいいなって思ってますけど、

 

それは本気の本音でそう思いますけど、

 

それはきっと今じゃない。

 

 

 

あー!あたしなにやってんじゃwww

 

と気がついたら、

 

速攻でスレッド削除w

 

書いたことに嘘はないんだけど、

 

前提が違った。わたし傷付きたいから話しかけたw
▶ではなく、はやく信頼したくて話しかけたw

 

  

 

映画の脳内ポイズンベリーのセリフにあるんだけど、

 

「あなたのことを好きだけど、
 あなたといる
 わたしのことは好きじゃない」

 

これそのものなんだと思う。

 

彼がどーのとかじゃないの。

 

ステキなひとなんだけど、

 

すごくわたしのネガティブを

 

引き出してくれちゃう人なんだよね。

 

わたしだけかもしれないけど、

 

少なくともわたしがそう仕立ててる。

 

 

 

今回のこの出来事を通してわかったこと。

 

▼これでやったことにひとつも嘘はないし、無駄はなかった。

suzunya.hateblo.jp

 

けど、友達としての関係構築は、時期尚早だった。

 

いまのわたしでは、彼はわたしを傷つけてくれる人でしかない。

 

恋人としては当然、

 

友達としても危うい存在である。

 

 

 

▼これも通過できて無駄はなかった。

suzunya.hateblo.jp

 

なんも無駄はないのだけど、

 

なぜわだかまりがどれくらい溶けたのか確かめたくなったのか。

 

その行動理由が、傷付きたかったからということ。
▶ではなく、はやく信頼できるようになりたかったから。

 

そこだけちょっとおかしかったんだなって、

 

わかりました。

 

 

 

うむ。心理って奥が深い。

 

でもこれも無駄はないんだよね。

 

恥ずかしいことやったあと、

 

どんな現実がやってくるのかな?

 

楽しみだな!とか、

 

おもしろいの来い〜w

 

笑えたら勝ちやん!なんて言ってたけど、

 

ほんと想定外のおもしろいの来たわw

 

しかも、学びがぎっちり詰まってた◎

 

 

 

しあわせになってはいけないので、
 じぶんから傷付きに行きたい。(原因と起因)
 ▶ではなく、はやく信頼したかったから。

②相手に対する恥ずかしさやみっともなさが
 どれくらい溶けたか確かめたくなった。(大義名分)

③そしたら恥ずかしさやみっともなさが出てきて、
 それを受け入れるワークが必要になる。(口実①)

④一番効果があるので、相手との接触が必要になる。(口実②)

⑤恥ずかしさやみっともなさを超えることができた。(効果①)

⑥やりきったあとの後追い警告が起きるが乗り越える。(効果②)

⑦相手の反応が気になりだし考え始める。(本懐への繋ぎ)
 ▶なぜならはやく信頼できるようになりたいのに、
 なれなかったから。(真の目的への繋ぎ)


⑧詰まる思いがでてきて、傷付く。(本懐①)
 ▶(
真の目的の序章①)


⑨傷付いていることに気付いて、泣く。(本懐②)
 ▶(真の目的の序章②)


⑩自分を大切にしてなかったことに気付く。(真の目的)
 ▶はやく信頼できるようにするのではなく、
 待つことや、自分の人生を信頼するほうが先。

 

こんな一連の流れかな。

 

結局、傷付きに行ったけど、
▶傷付きに行ったようなものだけど、に訂正。

 

真の目的に気付くための伏線だったりもするんだな〜。

 

あっはーw

 

もう彼には近づいちゃだめだーw
▶というか、そういう問題ではなく、
ただただ、いまじゃなかっただけ!

 

加害者役させてるのはわたしだし、

 

手放さないとー!

 

ひとを大切にしたいのに、

 

できないなぁ、、、これもなにかあるね。
▶いいや、大切にしてるんですよ、独自の愛し方で。
でもちょっとだけ融通が効かなかっただけで◎

 

まだ豪快に笑えはしないけど、この結果、受け入れていこう。

 

うん。