読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫みたいに生きようぜ◎

すずにゃ は じぶん を とりもどした !

気づき。

 

わたしほんとは

すごくひとを愛したいのに、

いつもなにかに遠慮して、

いつも弊害があって、

ひとを愛することを自分で諦めてるなぁ。

 

遠慮するものや弊害は、

彼だと

彼女や彼女と別れないと決めてること

前の好きなひとだと

まだ好きじゃないという言葉


きっとそんな状態で愛情表現したら、

この子が思うほど俺好きじゃないし、

って思われるし、受け取ってもらえない。

それはとても傷つくことだから....と

ずっとこの人に愛されてると

安心できるまで表現しないようにして、

期待するとそうでなかったときは悲しいから

相手にも期待しないようにして、

愛することも愛されることも諦めてた。

 

求めることを諦めて苦しくなったら、

もっともらしいことを理由付けて、

いつも自分の気持ちをなかったことにする。

その場合、相手を責めたりもする。

 

ああ。


例え、わたしのことさほどすきでなくても

もう遠慮するのはやめようと思った。

 

遠慮なく表現したいのに禁止してるから、

弊害を置いてたんだな、わたし。

 

どんだけ感情を抑圧されてたんだか。